カテゴリから探す

 
お知らせ
2019/06/17【ごはんジャパン】迫田孝也も絶賛の鳥取砂丘ラッキョウカレーと相性抜群!カレー米プリンセスかおりとは?

2019年6月22日テレビ朝日の「ごはんジャパン」鳥取砂丘らっきょう特集でした。
そこで、砂の大地鳥取砂丘で育つらっきょうの特徴や栄養価についてまとめてみました!

 

乾いた砂丘で育つ「鳥取砂丘らっきょう」は生命力が強く甘みがある!

 

鳥取砂丘は乾いた砂の大地。水も栄養もほとんどない砂丘で、なぜらっきょうが育つのでしょうか。
それは、長年をかけて少しの水でも育つことができるように進化したからなのです。
ためしにらっきょうの一部をカットして放置しておくと、なんと1晩で5mmも伸びます。
それくらい、生命力が強いのです。


らっきょう土付き写真

らっきょうの栄養価は?

 

テレビの中では「玉ねぎのような甘みとにんにくの香ばしさを合わせたような砂丘らっきょう」と言われ、カレー作りの際、玉ねぎの代わりに使われていました。
らっきょうも玉ねぎも同じ「ネギ科」なので、当然カレーに合います。

玉ねぎは水分が9割で残り1割が甘みなのですが、らっきょうの場合水分は6〜7割で、その分甘みが多く含まれています。

また、らっきょうは整腸作用、脂肪吸収の抑制などの効果があると言われています。
らっきょうについて、詳しくは以下ののブログを参考にしてみてくださいね。


らっきょう甘酢漬け

参考:カレー×らっきょうは最強の組み合わせ!カレーにらっきょうを添える理由 - 田中農場日誌|鳥取県八頭町でおいしいお米と野菜を育てる農場スタッフブログ

 

5時間かけて作る鳥取砂丘らっきょうビーフカレーがおいしそう!

 

テレビの中では、洋食のシェフ大宮勝雄さんが超本格的なビーフカレーを作っていました。
しゃりしゃりの砂丘らっきょうをカレールー、具材、トッピングのハットトリックで作ったビーフカレー、とってもおいしそうでしたね!

細かくしたらっきょうを1時間かけてあめ色になるまで炒め、カレーのルーを作って3時間煮込み、追いらっきょうをしてさらに1時間煮込む……。
なんと、5時間もかけて作る超本格カレーでした!
地元鳥取の鳥取和牛までつかい、ぜいたくでとってもおいしそうでした♪
ぜひ時間があるときに、作ってみたいと思います!


鳥取砂丘ラッキョウカレー

引用:ごはんジャパン過去の放送 2019年06月22日「鳥取県 らっきょう」『砂丘らっきょうビーフカレー』

 

鳥取砂丘らっきょうカレーと相性がいいカレー米・プリンセスかおり米

 

さて、番組の中ではらっきょうとカレーのことにはしっかりと言及していましたが、「お米」については触れていませんでしたね。
実は、今回の砂丘らっきょうカレーに使われていたお米は、鳥取県のカレー専用米「プリンセスかおり」という品種なのです。

鳥取県はカレーの消費量・消費金額 地域別ランキング第1位を誇る、超・カレー好きな県民。
そのカレー好きが高じて「カレーを食べるためだけのお米」を開発してしまったというわけなのです。

カレーをおいしく食べられるカレー専用のお米で、ぜひ「ごはんジャパン」で紹介されていた本格鳥取砂丘らっきょうカレーを食べてみましょう。
きっともっとおいしくなるはずです!

 

カレー米プリンセスかおりの購入はこちらから▼

カレー米プリンセスかおり米2kgの購入はこちら

アクセス : 626

【お知らせ】「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるお届けの遅延と一部サービスの中止について

お知らせ一覧
 

ページトップへ

鳥取県八頭郡八頭町下坂442番地
E-Mail: shop@farm-tanaka.jp
URL:www.farm-tanaka.jp
商号 : 田中農場